タグ別アーカイブ: 4C

ダイヤモンドネックレスを買う前に知っておきたい「4C」とは?

4Cはダイヤモンドの価値を決める基準

ダイヤモンドネックレスの価値を決めるのは、カラットとカラー、カットとクラリティの4つの要素です。
これらの4つの要素の英語の頭文字にはCが付きますので、一般的に4Cと呼ばれています。
カラットはダイヤモンドなどの宝石の質量を指す言葉で、数値が大きくなるほど高額になります。
カラーはダイヤモンドの色のことで、黄色味を帯びると価値が下がります。
カットはダイヤモンドのプロポーションを決定づける要素です。
綺麗にカットがされているダイヤモンドネックレスはキラキラと輝きます。
クラリティは透明度のことで、クラリティが高いほど傷が少なく価値が高いです。

1項目のグレードが高くても、他が低いと価値はあがらない

ダイヤモンドネックレスを買う時には4Cが大事になってきますが、1項目のグレードが高くても、他の項目のグレードが低いと価値は上がりません。
カラットの数値が大きくても、カットやクラリティのグレードが低いと価値が高くならないわけです。
ダイヤモンドネックレスを買う際には、4Cのうちの1つの項目だけで判断せず、4要素を総合的に見て判断することが大切になります。
すなわち、ダイヤモンドネックレスを買う時には4Cのバランスが大事になってくるわけです。
鑑定書には4Cが明記されていますので、購入時には鑑定書を必ず確認しましょう。