タグ別アーカイブ: ダイヤモンドネックレス

いいダイヤモンドネックレスの選び方

「どういう場面で使うか」を考慮

ダイヤモンドネックレスを買うときに知っておくと良いのが使い分けです。
様々なデザインが販売されている物なのでシーンに合うものを選択するのが基本といえます。
例えばトップにハート型のモチーフをあしらっているデザインだとカジュアルな場面で重宝するでしょう。
逆にフォーマルな場面では不似合いになるので、シンプルなダイヤモンドネックレスにするのが一般的です。
トップ部分に大粒のシンプルなダイヤモンドが付属するものなら女性用スーツに対応できます。
またサイズの小さなダイヤモンドならシンプルな普段着にも似合うでしょう。

輝きを左右する「透明度と形」をチェック

ダイヤモンドの価値を示すのがグレードです。
いいダイヤモンドは透明度が高いので選ぶときに注意してみるといいでしょう。
クラリティと呼ばれる要素で4Cの1つとなっています。
インクルージョンと呼ばれる包有物が混入しているのですが、これにより透明度が変化するのが特徴です。
無色透明に近いものほど価値が高く逆に黄色みを帯びているほど価値は低くなるといった評価を行います。
もう1つカットも重要でカット方法により形が変化する、光の屈折具合による美しさも違うので覚えておくといいでしょう。
以上がいいダイヤモンドの選び方となっています。

ダイヤモンドネックレスの価値にはパーツも影響する

ポイント1:チェーンの素材

魅力なダイヤモンドネックレスですが、ダイヤモンドだけでなくチェーンの素材も重要です。
一般的に18Kを使っている物が多いですが中にはプラチナを使っている贅沢なものもあります。
購入するときにはダイヤモンドの質を引き立てるようなで素材にするのがいいでしょう。
一番相性が良いのはやはりプラチナのネックレスです。
シンプルかつ白銀の見た目をしているので透明感のあるダイヤモンドと調和して独特の高級感を生み出します。
嫌味がなく誰でもすんなりコーディネートできる商品として定番です。
迷ったときはプラチナ素材にするのがよいといえます。

ポイント2:爪枠の素材

常に変化するパーツとしては爪枠があるといえるでしょう。
これは時代により大きく変わっているパーツなので重要度は高いです。
爪枠が古いと価値も落ちてしまうため、購入する際はちゃんと見ておきましょう。
基本的に爪枠は小さく目立たないものがおすすめです。
大きすぎるとダイヤモンドが目立ちにくく流行にも左右されます。
また最近は個性を重視した今までにないものもあるので必見です。
王冠のような見た目をした爪枠を使いダイヤモンドを固定しています。
これならカジュアルにもぴったりハマるデザインなので普段使いに良いパーツです。

ダイヤモンドネックレスを買う前に知っておきたい「4C」とは?

4Cはダイヤモンドの価値を決める基準

ダイヤモンドネックレスの価値を決めるのは、カラットとカラー、カットとクラリティの4つの要素です。
これらの4つの要素の英語の頭文字にはCが付きますので、一般的に4Cと呼ばれています。
カラットはダイヤモンドなどの宝石の質量を指す言葉で、数値が大きくなるほど高額になります。
カラーはダイヤモンドの色のことで、黄色味を帯びると価値が下がります。
カットはダイヤモンドのプロポーションを決定づける要素です。
綺麗にカットがされているダイヤモンドネックレスはキラキラと輝きます。
クラリティは透明度のことで、クラリティが高いほど傷が少なく価値が高いです。

1項目のグレードが高くても、他が低いと価値はあがらない

ダイヤモンドネックレスを買う時には4Cが大事になってきますが、1項目のグレードが高くても、他の項目のグレードが低いと価値は上がりません。
カラットの数値が大きくても、カットやクラリティのグレードが低いと価値が高くならないわけです。
ダイヤモンドネックレスを買う際には、4Cのうちの1つの項目だけで判断せず、4要素を総合的に見て判断することが大切になります。
すなわち、ダイヤモンドネックレスを買う時には4Cのバランスが大事になってくるわけです。
鑑定書には4Cが明記されていますので、購入時には鑑定書を必ず確認しましょう。