古物市場で掘り出し物を探すように子供の才能を見抜くことが大事

古物市場で掘り出し物を探すのって至難の業ですよね。
でも、神経を研ぎ澄ましてよくよく見たり聞いたりしていると、
目を輝かせるような逸品に出会えることがあります。
子供の才能もそういうことだと思うのです。
周りの子供がわいわい遊んでいるなか、
じーっと一人でその辺に落ちている落ち葉や石を使って遊んでいる子。
お母さんはおとなしすぎるとか、くだらないものに夢中になっているとか
思ってしまうかもしれません。
しかし、よくよく見てみるとそれはその子にしかわからない世界観を持って
何かを創作している、周りの子供たちの様子に目もくれず集中できる、
素晴らしい才能かもしれません。
それを、くだらないことしてないでみんなと遊んでおいでと一蹴してしまわず、
この子は何を作りたいのだろうと子供の目線に立って寄り添ってみようとすることが大事であり、
気づかずに終わってしまったかもしれない子供の才能を見抜く
きっかけになるのではないでしょうか。

ある看板を見て気付いた事

とある子どもの習い事の看板に『理系就職に強い』との文字を見つけた。
化学実験とかプログラミングといったたぐいの教室である。
つまり、子どもの才能を理系型に導きたい家庭の子どもが通う場である。
そして驚くことに、その募集対象は、なんと幼稚園の年中・年長児。
年中・年長児の頃といえば、興味の対象は実にさまざまで、
純粋に目の前の好き嫌いを自ら決めていく最たる時期である。
にもかかわらず、そこには大人の事情が大きく絡んでいる。
『理系の方が文系より就職に有利だと思うから』
『専門性のある資格をとって年収の良い職に就いて欲しいから』
『プログラミングの知識さえあればどんな職についても重宝されるから』
我が子がこんなに幼いころから20年近く先の職のことにまで親がレールを敷くのかと驚かされる。
子どもの才能とはいったいなんであろう。
損得に支配されず、子どもの純粋な興味のままに楽しく通える教室であることを切に願う。

友人の娘がカラコンをしてた!

私はごく一般のサラリーマンですが、それなりに幸せな家庭を手にすることができました。
休日には子どもの友達が私の家に遊びにきたりすることも多々あるため、
決して気を抜くことはできません。
まだ幼いと思っていた子どもですが最近ではオシャレに目覚めるようになりました。
友人の娘は驚いたことにカラコンをして、大人顔負けの格好をして登場をしたことこあります。
現在ではカラコン 激安な商品も販売されていますが、
ご両親がきちんと許可をとっているのでいいのだそうです。
才能のある子どもはできるだけ伸ばしてやりたいという考えだったので、
他人の家庭にどうこういう筋合いはありません。
最近の子どもは本当におませだと感じるのは、いつの時代も同じでしょう。

野菜不足をサプリで補うのは?

数あるサプリメントの中で子供に飲ませるものをきちんと選べていますか?
注意書きやよくある質問に書かれていない場合は、
自己判断せずに必ず企業に確認を取ってください。
基本的に16歳以上であれば大人と同じ分量を取っても構わないという場合が多いので、
それ以下の年齢であれば、まずは半分くらいの量から始めるといいはずです。
子供には成長を助けるアルギニンや野菜不足をサプリで補うのも良いでしょう。
野菜の栄養価の低さはサプリで補えますよ。

レンタルオフィスは千代田をはじめ東京各所に、家族会議にも。

レンタルオフィスと聞くと、株式会社やベンチャー企業などが浮かびますが、
最近ではそれほど大きなことでなく、大学生やそれこそ近所のサークルなども利用をするそうです。
1ヶ月単位の標準的なものから、時間で契約できる簡単なものもあることが
その背景にあるそうです。
知り合いの塾の先生は、親御さんの位置合わせとして会議室をお借りすることがあるそうです。
レンタルオフィスは千代田をはじめ東京各所にたくさんあり、大きさも様々とのことですから、
もしかしたら、家族会議も気分変えで会議室をかりて行えば
大問題もすんなり行くかも?しれませんね。

屋上緑化も子供が主導

子供がどんなことに興味を示し、率先して行動するかは
いつも見逃さないようにしていたいですね。
学校でどんなことを学んでいるかを知ることも大事です。
さて、学校によると思いますが、小学生の時はあさがおやヒマワリ、夏野菜など、
植物を育てることが多いですね。
知人の息子さんの話ですが、ご自宅のマンションの屋上で
屋上緑化計画が立ちあがったのですが、
5歳以上のお子さんが主導で、保護者がサポートするということらしいです。
素敵な企画です。

茶道具買取店とか見たりすると…。

新しい事にチャレンジすることで、可能性が発見できるのは、
子どもに限らず大人も同じことですよね。
私事ながら、友人に茶道をされている方がいて、
ついにというか、茶道に誘われてしまったんですね。
正直思った事が「ピンチ!」イメージだけですが、
作法や礼儀にとてつもなく忠実で、
厳かな雰囲気がその場の空気を包んでいるような感じがしています。
「道具はいらないからね」と、言われたのが救いです。
茶道具買取店とか見たりすると、それなりのものは結構なお値段がするんですよね。
私の記憶が確かならヴィトンの茶道具バックと言うものがあった気がします。
茶道は新たなチャンスか、もしくは…。

便利屋の仕事内容を子供に聞かれたら

親を見て子は育つといいますが、
親の職業よりも街を歩いていて気になった職業や、
学校での話題から将来の夢を考える子供も多いです。
また、お友達の親御さんの職業に興味を持つこともありますね。
最近、ある親御さんからのご相談で「便利屋さんってどんな仕事なの?」
と聞かれて困ってしまったという話がありました。
利用したことがないので具体的にもわからないとのことでしたので
「例えば、家の用事ができないご老人の代わりにお掃除をしたりすることで
お金をいただく職業」という答え方をおすすめしました。
どんな職業もサービスなどに対して対価が発生するため、
サービスが何なのかをわかりやすい分野で見極めましょう。

観葉植物レンタルは子供にも興味深かった?

親戚が植物レンタルをフランチャイズで運営しており、
私の会社の近くでも営業をしているようで、
良い機会なので小学生の社会見学をお願いしてみました。
聞いてみたら、そのような活動はすでに行っているようで、
素敵な資料もあるし、子供が触っても良い観葉植物の営業セットもあるとのこと。
早速先週のお休みに社会見学を実施しました。
集まった子供たちはみな観葉植物レンタルに興味深々で
将来の夢の一つに加えた子もいるみたいでした。

サーフィンスクールに通いたい子供には

子供の才能を見逃さないという件では
いろいろな職業や立場の方からお話をうかがってきました。
考え方というのは十人十色ではありますが、共通点はいくつも発見できました。
要は子供の適正に合ったところへ導いてあげることも
親の仕事と思った方が良いということでしょうか。
さて、先日ご近所さんが江の島に家族で遊びに行った際に
サーフィンをする若者を見かけたそうです。
それを見たお子さんがサーフィンに興味を持ち、
サーフィンスクールに行きたいと言ってきたそう。
さあ、どのような対応が良いといえるでしょうか?

教育費とアコム過払い問題

子どもの教育費は、力を入れる程に比例して費用が嵩んでいきます。
日本人はサービスに対してお金を払わないと言われますが、
サービス対価と収入の割りあいがなんとも折り合いがつきづらいのも
あるのではないかと思っています。
教える側は「こんなに教えている」教わる側は「これしか教えてもらっていない」
という差異もあるのかもしれません。
さて、話は戻り教育費ですが、最終的には自分の懐事情と相談して
教育するしかないのだと思います。
アコム過払い問題などの消費者金融の問題がありましたが、
無理をして実力以上のことをし続けるのは、必ずガタがくるものです。
教育にしても子ども為が自分の為になっていることにならない様
しっかり考えましょう。

井之頭病院のイベントに子供と参加する

子供がみたいもの、行きたいところにはなるべく連れて行ってあげたい
というのが親心ではないでしょうか。
かといって用もないのに仕事の現場などに行くことは難しいですよね。
そんなときには会社の展示会やイベントで子供が行けるところを探してみます。
私の家の近くには井之頭病院があり、
年に数回模擬店や盆踊りなどのイベントが開催されています。
病院は誰かのお見舞いや病気、怪我をしないといけないところですが、
こんなときに看護師さんやお医者さんと交流できるので助かりますね。

便利屋は東京に多い?子供の憧れの都市

子供の才能を見逃さないために、子供の目をあえてふさがないこともおすすめしています。
興味を持ったことにはきちんと対応していくことが、子供が自分で考え、
自分の行動を決める指針となるのではないかという考えです。
いろいろな職業に興味を持つことは良いことですが、
先日お子さんが便利屋さんに興味を持ち、
見てみたいというお願いに困ったと言う親御さんの話を聞きました。
その方は地方にお住まいで、便利屋は東京に多いので
子供が東京に行きたがるのも悩みだそうで。

子供が水道工事に興味を示したら

小さい頃は動くものや人に興味を持つことが多く、好きな車やお店に関わる仕事をしたい、
となるのは幼稚園の年長さんくらいからでしょうか。小学生かな?
習い事やスポーツに興味を持ち、その世界で活躍してほしい、
と思う親御さんも多いころでしょう。
さて、子供の才能を見逃さないためにはどうしたらよいのでしょうか?
例えば、水道工事に興味を示した子供には、どのように対応すればよいのかなど、
ケースごとに対応を変えないといけないかもしれません。
これから探ってみようと思います。

イグアナか、ティーカッププードルか。

幼少期の頃に動物を飼うと命の尊さを学ぶ事ができるとされ、
ペットを飼う家庭も多いと存じます。
しかし、どんなペットでも良いかというと、
きっとそうではなく幼い女の子にイグアナのような爬虫類を与えても命の尊さを学べず
大半が挫折するのではないかと思います。
だからといって、ティーカッププードルのようにやたらと可愛いらしいペットとなると
ぬいぐるみの延長線上となりかねないのではという危惧も出て来ます。
難しい所ではありますが、ある程度の世話が必要で
それほど大きくないハムスターなどの小動物が
これに適しているのではと考えているこの頃です。

トイレの水漏れで子供の才能を発見?

どの様な子でも各々に才能が存在します。
「うちの子は才能がない」と嘆く親は、厳しい様ですが見る目がないのだと考えています。
しかし、一口に才能と言っても大なり小なりでして、見つけにくいのも事実ではあります。
例えば、知人の家でトイレの水漏れがあり、子供がそれを発見し親に報告。
親は子に「レンチ」を持ってくる様指示。
しかし子が持って来たのは「電池」でした。
その状況下で電池は必要ないだろうなのですが、
その親は洒落の才能があるとか思ったそうです。
一見ただの失敗ですが、見方一つで変わるものです。

子供の為に!ウユニ塩湖の行き方を学ぼう!

「可愛い子には旅をさせよ」とい言います。
様々な経験を通じて子供ないしは、人は成長することができるからです。
出来る事なら、週末毎にでも子供と一緒にどこかにとも思ってしまいますが、
それでは旅ではなく遊びですよね。
そして行くなら、子供になにか残るモノにしたいですね。
私が気になっているのは、ウユニ塩湖で素晴らしい絶景が拝める場所。
ウユニ塩湖の行き方は最近まで、遠く行きづらい場所だったのですが、
2011年に飛行機で行けるようになり利便性が上がったそうです。
ただ、建前「子の為」本音「自分の為」という感じになっている気もします。